ホームかながわの景勝50選丹沢・県央・相模湖地域>無量光寺(相模原市)

無量光寺

前ページ 丹沢・県央・相模湖地域 次ページ

無量光寺(むりょうこうじ)、かながわの景勝50選(昭和62年版)には「広大な境内にはカシの巨木をはじめ低木類が密生しており、ここからは眼下の相模川や正面に丹沢、大山の山々が望まれる」と記されています。
嘉元元年(1303年)、一遍上人の弟子・真教により開かれましたが、明治26年(1893年)の大火で山門(二脚門)をのぞく大半の建物は焼失してしましました。写真の山門は、県内でも類例の少ない高麗門の形式、17世紀初頭に建造されたものです。(2003年5月28日再撮影)

アクセス/JR相模線・原当麻駅下車→徒歩10分→無量光寺