ホームかながわの景勝50選丹沢・県央・相模湖地域>丹沢札掛のモミの原生林(清川村)

丹沢札掛のモミの原生林

前ページ 丹沢・県央・相模湖地域 次ページ

丹沢札掛け(たんざわふだかけ)のモミの原生林、かながわの景勝50選(昭和62年版)には「高さ20mを超えるモミの巨木が群生し、ところどころにモミジ等の落葉樹が点在し、特に新緑及び紅葉期が美しい」と記されています。
札掛という地名は、江戸時代、盗伐を防ぐための見回り人が交代で巡視するにあたり、大木に番札を掛けたことから付けられたと伝えられています。
写真はかながわの景勝50選の石碑のある場所から撮影したモミの原生林、モミの原生林は神奈川県の天然記念物に指定され、「かながわの美林50選」に選定されています。(2014年5月4日撮影)

アクセス/小田急線・大秦野駅→ヤビツ峠行バス→ヤビツ峠下車→徒歩150分→モミの原生林/国道246号線(厚木から御殿場方面に向かって)→名古木信号右折→19km→ヤビツ峠→7km→札掛橋→2km→モミの原生林