概 要

関ヶ原の戦いで武功のあった井伊直正が、慶長6年(1601年)、石田光成の旧城であった佐和山城に入城。直正没後、直正の遺志を継いだ直継が彦根山を城地と定め、築城したのが彦根城の始まり。 築城は、徳川家康の支援を得て天下普請で行われたが、大坂夏の陣で工事が中断したこともあり、完成までには20年の年月を要した。築城完成は元和8年(1622年)。

城郭構造は連郭式平山城。城跡は国の特別史跡に指定されている。
平成4年(1992年)に世界遺産の暫定リストに記載されたが、姫路城が登録されたことから、姫路城とは別の価値を証明しなければならず登録には至っていない。

天守は複合式望楼型三重三階地下一階。江戸時代以前に建設された天守が残る現存12天守の一つ。

現存する天守、付属する附櫓、多門櫓の3棟は国宝に、天秤櫓、太鼓門、西の丸三重櫓、二の丸佐和口多門櫓、馬屋の5棟は国の重要文化財に指定されている。

再建された建造物は御殿、彦根城博物館として藩政時代の調度品、武具などが展示されている。

別名は、城が築かれた山が金亀山(こんきやま)と呼ばれていたことから、金亀城(こんきじょう)。


明治6年(1873年)の廃城令で軍用地として残す存城処分となり、廃城の危機に瀕したが、明治政府の特例措置で廃城を免れた。
平成18年(2006年)には日本100名城に選定された。

アクセス

JR東海道本線・彦根駅~徒歩15分
滋賀県彦根市金亀町1-1

関連サイト

関連書籍

▲pagetop