概 要

織田信長の叔父信康が天文6年(1537年)、木曽川沿いの丘陵上に築城したのが始まり。城主はめまぐるしく交代し、元和3年(1617年)、尾張徳川家の付家老の成瀬氏が城主になった。

城郭構造は平山城。かつては、本丸から南へ杉の丸、樅の丸、桐の丸、松の丸を並べた連郭式平山城であった。

天守は複合式望楼型三重四階地下二階。
江戸時代以前に建設された天守が残る現存12天守の一つ。

現存する天守は国宝に指定されている。天守が国宝指定された5城のうちの一つ。

再建された建造物は、本丸入口の城門が模擬再建されている。

別名は、城の佇まいを中国長江流域にある白帝城にちなんだことから、白帝城(はくていじょう)。


明治6年(1873年)の廃城令で大蔵省が処分する廃城処分となり、天守を除いて櫓、城門などが取り壊された。
その後、明治24年(1891年)の濃尾地震で天守の東南角の付櫓が壊れたため、城の修復を条件に旧犬山藩主成瀬正肥に無償で譲渡され個人所有となった。平成16年(2004年)には公益財団法人「犬山城白帝文庫」の所有となった。
平成18年(2006年)には日本100名城に選定された。

アクセス

JR線・名古屋駅~名鉄犬山線・犬山駅~徒歩20分
愛知県犬山市大字犬山字北古券65-2

関連サイト

関連書籍

▲pagetop