概 要

関ヶ原の戦いの功績により伊予を与えられた加藤嘉明が、慶長7年(1602年)に築城したが加藤氏の時代には完成しなかった。その後、蒲生氏を経て松平の時代に完成した。

城郭構造は連郭式平山城。 城跡は国の史跡に指定されている。

天守は連立式層塔型三重三階地下一階。江戸時代以前に建設された天守が残る現存12天守の一つ。

現存する天守、野原櫓、乾櫓、隠門続櫓など櫓5棟、戸無門、隠門、紫竹門、一ノ門など門7棟、筋鉄門東塀など塀7棟が国の重要文化財に指定されている。

再建された建造物は、小天守、北隅櫓、十間廊下、南隅櫓、太鼓櫓、筒井門、太鼓門、乾門、良門東続櫓など22棟。

別名は、勝山(標高132m)に築城したことから勝山城(かつやまじょう)、堀に金の亀がいたという伝えから金亀城(きんきじょう)。
各地の松山城と区別するため伊予松山城とも呼ばれている。


明治6年(1873年)の廃城令で大蔵省が処分する廃城処分となり、城門、櫓、御殿などが解体された。その後、本丸一帯は聚楽園という公園になった。
平成18年(2006年)には日本100名城に選定された。

アクセス

JR予讃線・松山駅~伊予鉄道市内電車10分~大街道下車~東雲口登城道~松山ロープウエー東雲口駅
愛媛県松山市丸の内

関連サイト

関連書籍

▲pagetop