概 要

関ヶ原の戦いの後、慶長6年(1601年)、山内一豊が南北朝時代の大高坂松王丸の居城があった大高坂山に新たに近世城郭として高知城を築いた。

城郭構造は梯郭式平山城。城跡は国の史跡に指定されている。

天守は独立式望楼型四重六階。江戸時代以前に建設された天守が残る現存12天守の一つ。
本丸の建物が完全に残る唯一の城でもある。

現存する天守、御殿、納戸蔵、黒鉄門、西多門、東多門、詰門、廊下門、追手門、天守東南矢狭間塀、天守西南矢狭間塀、黒鉄門西北矢狭間塀、黒鉄門東南矢狭間塀、追手門西南矢狭間塀、追手門東北矢狭間塀は国の重要文化財に指定されている。

別名は、屋根瓦のグレーと白漆喰壁の白が鷹の色合いに似ていることから鷹城(たかじょう)。


明治6年(1873年)の廃城令で大蔵省が処分する廃城処分となり、 天守など本丸周辺建造物と追手門を残し城郭建造物が取り払われた。その後、高知公園として一般に開放された。
平成18年(2006年)には日本100名城に選定された。

アクセス

JR土讃線・高知駅~徒歩25分
JR土讃線・高知駅~路面電車・高知城前駅~徒歩5分
高知県高知市丸の内

関連サイト

関連書籍

▲pagetop