概 要

永正元年(1504年)、小笠原氏一族の島立貞永が築いた深志城が松本城の前身。武田信玄が大規模な改修を行い要衝とした。天正10年(1582年)、小笠原貞義が深志城を回復して城下町の整備に当たり、松本城に改称。小笠原氏にかわって石川数正が松本城に入り近世城郭の普請と城下町づくりを始め、その後城主になった松平直正が天守に辰巳附櫓、月見櫓を増築した。

城郭構造は梯郭式輪郭式平城。城跡は国の史跡に指定されている。

天守は連結式天守(大天守と乾小天守と渡櫓)と複合式天守(大天守と辰巳附櫓と月見櫓)の2つの形式を合わせた連結複合式天守で、連結複合式層塔型五重六階。
現存する五重天守の中では日本最古(現存する五重天守は松本城、姫路城の2基のみ)。江戸時代以前に建設された天守が残る現存12天守の一つ。

現存する天守、乾小天守、渡櫓、辰巳附櫓、月見櫓の5棟が国宝に指定されている。他に、二の丸土蔵が現存している。

黒門は平成2年(1990年)に、太鼓門は平成11年(1999年)に再建された。

別名は、この地域が深志と呼ばれていたので深志城(ふかしじょう)。外観が黒いことから烏城(からすじょう)と呼ばれることがある。


明治6年(1873年)の廃城令で大蔵省が処分する廃城処分となった。天守は競売にかけられたが、地元有志の奔走により天守だけは廃却を免れた。
平成18年(2006年)には日本100名城に選定された。

アクセス

JR篠ノ井線・松本駅~徒歩20分
長野県松本市丸の内4-1

関連サイト

関連書籍

▲pagetop