概 要

宇喜多秀家が豊臣秀吉の指導を受けて築城、8年の歳月を費やして慶長2年(1597年)に完成した。西向きの城構えのため、旭川を城の東背後を流れるように改修し、天然の外堀に活用している。

城郭構造は梯郭式平山城。城跡は国の特別史跡に指定されている。

初代天守は、慶長 2年(1597年)に建造された初期望楼型三重六階、金箔瓦葺(きんぱくかわらぶき)。
現在の天守は、昭和41年(1966年)に鉄骨鉄筋コンクリート造りで復興された(外観復元)。

現存する月見櫓は国の重要文化財に指定されている。

復興された建造物は、天守、廊下門、不明門、六十一雁木上門。

別名は、外観が黒いことから烏城(うじょう)、金烏城(きんうじょう)。


明治6年(1873年)の廃城令で軍用地として残す存城処分となり、建物は順次取り壊され、堀は埋め立てられた。 明治23年(1890年)、旧藩主池田章政に払い下げられた後、池田家は岡山県に提供し、明治29年(1896年)には本丸趾に県立岡山中学校が建てられた。こうして昭和初期頃には城跡と見受けられるのは本丸を残すのみとなり、昭和20年(1945年)の岡山空襲で天守、石山門が焼失した。
平成18年(2006年)には日本100名城に選定された。

アクセス

岡山駅~路面電車(東山行き)城下駅~徒歩10分
岡山県岡山市北区丸の内2-3-1

関連サイト

岡山城(Wikipedia)

岡山城公式ウェブサイト(岡山城事務所)

おかやま旅ネット(岡山県観光連盟)

関連書籍

▲pagetop