概 要

豊臣秀吉が、天正11年(1583年)、水運の便に恵まれた上町台地に築城を開始し、天正13年(1585年)に豊臣大坂城を完成させた。
豊臣大坂城は慶長20年(1615年)の大坂夏の陣で炎上した。その後、寛永3年(1626年)、德川秀忠は豊臣大坂城の上に盛土し、石垣を積み直して徳川大坂城を完成させた。

城郭構造は平山城。城跡は国の特別史跡に指定されている。

豊臣期の初代天守は、複合式(もしくは連結式)望楼型五重六階地下二階。元和元年(1615年)の大坂夏の陣で炎上した。
徳川期に再築された2代目天守は、独立式層塔型五重五階地下一階。寛文5年(1665年)の落雷により焼失した。
現在の3代目天守は、独立式望楼型五重八階。徳川期の大坂城の天守台の上に、豊臣期の初代天守をモデルに昭和6年(1931年)に鉄骨鉄筋コンクリート造りで再興された。

現存している建造物13棟(大手門、多聞櫓、千貫櫓、乾櫓、一番櫓、六番櫓、塀3棟、金蔵、焔硝蔵、金蔵、金明水井戸屋形)は国の重要文化財に指定されている。

別名は、錦城(きんじょう、金城とも表記する)。


明治政府は、明治3年(1870年)、城内の敷地を軍用地に転用、陸軍の部隊が置かれた。その後、昭和6年(1973年)、大阪市によって城跡の公園整備が進められ、天守の再興とともに大坂城公園が開園した。終戦時の米軍による空襲では多くの建物が破壊されたが、昭和6年(1931年)再興の天守は破壊を免れた。
平成18年(2006年)には日本100名城に選定された。

アクセス

JR線・新大阪~地下鉄御堂筋線・本町駅(乗り換え)~地下鉄中央線・谷町四丁目駅~徒歩
JR線・大阪城公園駅~徒歩
大阪府大阪市中央区大阪城1-1

関連サイト

関連書籍

▲pagetop