概 要

藤堂高虎が、天慶6年(1601年)、中世城郭板島丸串城の地にの築城。その後、富田氏を経て伊達正宗の庶長子秀宗が入り明治まで続いた。

城郭構造は梯郭式平山城。城跡は国の史跡に指定されている。
縄張りは五角形、一辺が空角になる「空角の終始(あきかくのなわ)」で、四角形と錯覚させる縄張りになっている。東側の堀は海水を引き込んだ水堀、西側半分が海に接しているので「海城(水城)」でもある。

天守は独立式層塔型三重三階。江戸時代以前に建設された天守が残る現存12天守の一つ。

現存する天守は国の重要文化財に指定されている。他に、上り立ち門(のぼりたちもん)、石垣が現存している。

別名は、均整のとれた美しさから鶴島城(つるしまじょう)、中世期にあった板島丸串城の跡に築かれたことから板島城(いたじまじょう)、丸串城(まるぐしじょう)とも呼ばれている。


明治6年(1873年)の廃城令で大蔵省が処分する廃城処分となり、櫓や城門などが解体された。
平成18年(2006年)には日本100名城に選定された。

アクセス

JR予讃線・宇和島駅~徒歩15分
愛媛県宇和島市丸の内

関連サイト

関連書籍

▲pagetop