ホーム大和市の四季大和市の四季(2010年)>カルガモの親子/引地川

カルガモの親子/引地川

前ページ 大和市の四季(2010年) 次ページ

泉の森〜引地川でよく見かけるカルガモ、繁殖期は水辺に近い草むらや藪に巣を作っています。雛がかえると親子で姿をあわらします。写真は引地川の山下橋から御嶽橋に向かって泳いでいた親子、雛は10羽ほどいました。(2010年7月1日撮影)

カルガモ(軽鴨)
水辺に生息する野鳥(全長60cmほどでカモ類の中では大型)、大和市内では一年を通して見られます。全身が茶褐色で尾に近づくほど濃くなります。雌雄の識別は簡単にはできません。

道順/小田急線・桜ヶ丘駅下車(約15分)/地図を見る