ホーム大和市の四季大和市の四季(2011年)>ヤブカンゾウ/泉の森

ヤブカンゾウ/泉の森

前ページ 大和市の四季(2011年) 次ページ

中国原産のヤブカンゾウ(藪萱草)、猛暑にもめげず黄褐色のユリに似た花を咲かせていました。名前の由来は「薬用にするホンカンゾウに似ていてヤブに咲くことから」。萱草(かんぞう)というのは漢名で「憂い(うれい)を忘れさせる草」という意味があるので、ワスレグサ(忘れ草)とも呼ばれています。(2011年7月2日撮影)

道順/相鉄線・相模大塚駅下車(約15分)/小田急線・相鉄線・大和駅下車(約20分)/地図を見る