ホーム大和市の四季大和市の四季(2012年)>セミの抜け殻/泉の森

セミの抜け殻/泉の森

前ページ 大和市の四季(2012年) 次ページ

森の中を歩いているとセミの抜け殻が見られるようになりました。地中で数年すごした幼虫が羽化した殻です。写真の抜け殻は、大きさや形から判断してカナカナカナカナと鳴くヒグラシのようです。(2012年8月19日撮影)

大和市の抜け殻調査によると、昨年は、アブラゼミ83.7%、ミンミンゼミ6.9%、ヒグラシ2.5%、ツクツクボウシ2.4%、ニイニイゼミ0.8%、クマゼミ0%だったそうです。

道順/相鉄線・相模大塚駅下車(約15分)/小田急線・相鉄線・大和駅下車(約20分)/地図を見る