ホーム > プロフィール

プロフィール

神奈川県大和市在住、2001年4月定年退職、78才です。

退職後は、わが町再発見をかねて「大和市の四季」「神奈川の景勝50選」などを撮影、それらの写真をホームページで公開してきました。その後、少し視野を広げて「日本の世界遺産」や「現存天守12城」も撮るようになりました。

退職時は、戦争の世紀だった20世紀から21世紀へと、平和が望める時代でした。が、それはつかの間の夢にすぎず、近年は武力で紛争やテロを抑え込もうという殺伐とした時代になってしまいました。

日本も戦後70年余にわたって守りぬいてきた憲法9条が骨抜きにされ、他国の戦争に首をつっこむことになってしまいました。

しかし、武力で紛争やテロを抑え込むことはできません。戦争は悲惨をもたらすだけ、戦争で得るものは何もありません。日本が再び戦火にまみれることがないようにしなくてはなりません。

東日本大震災以降は、脱原発が喫緊の課題になりました。かつて、多くの国民が「原発反対」を叫んだ時代がありましたが、多勢に無勢で押しきられてしまいました。今度こそは、「原発反対」をあきらめてしまった自身への反省をこめて、「脱原発」まで頑張らなくてはならないと考えています。

地球温暖化防止への貢献は... 退職記念に退職金の一部で太陽光発電を自宅に設置、自動車はできるだけ乗らない、マイバックを持ち歩くなど、できることからやっています。

平和がいちばん... です! 戦争と平和のこと、脱原発のことなどなどについて考えながら、安心して暮らせる平和な社会になるよう、これからも折にふれ平和へのメッセージを発信していこうと思っています。

ユネスコ憲章・前文より
戦争は人の心の中で生れるものであるから、人の心の中に平和のとりでを築かなければならない。
政府の政治的及び経済的取極のみに基く平和は、世界の諸人民の、一致した、しかも永続する誠実な支持を確保できる平和ではない。よって平和は、失われないためには、人類の知的及び精神的連帯の上に築かなければならない。