デジカメ日記 2007年
ホームデジカメ日記>デジカメ日記(2007年) 前ページ次ページ
デジカメを始めて10年、この間に経験したことを紹介させていただいています。カメラは、2004年2月25日以降はOLYMPUS E-1を、2008年2月1日以降はE-3を、2010年12月10日以降はE-5を、2014年5月10日以降はOMD-M1を使っています。

過去の日記→2007年|2008年2009年2010年2011年2012年2013年2014年2015年2016年2017年

↓縮小写真をクリックすると拡大写真とともに撮影データ(レンズは35判換算)を見ることができます。
 落ち着いた雰囲気の紅葉・その3(2007年11月7日)
丹沢湖湖畔の黄葉 紅葉の撮影、太陽光が当たっている方が鮮やかになりますが、光っている部分と陰の部分のコントラストが強くなり、煩わしく感じられます。落ち着いた雰囲気の紅葉が好きなので、今年もそうした紅葉の撮影にトライしてみました。
撮影場所:山北町丹沢湖
丹沢湖ダム広場公園の紅葉 まったくの曇りでは鮮やかさが撮れませんから、うす曇りで、かすかに陰がでるような日がいいようです。うす曇りでも太陽光がありますから、その太陽光が透過するような場所(紅葉が鮮やかに見える場所)から撮影するようにします。
撮影場所:山北町丹沢湖ダム広場公園


 プロカメラマンと一緒になって(2007年9月24日)
一関市本寺地区の農村景観 世界遺産に推薦されている一関市本寺地区の農村景観、たまたまプロカメラマンと一緒になって撮影。曇りがちの日だったためでしょうか、ちょうどいい光の状態になるのを待って撮影していました・・・・・ここだけでも1時間ほどかけていました。
撮影場所:岩手県一関市本寺地区


 PLフィルターの効果(2007年7月9日)
知念岬 鮮やかな沖縄の海、PLフィルターを使って撮影したら・・・・・エメラルドグリーンの海と鮮やかな青空を撮影することができました。→PLフィルター効果についてはこちらから
撮影場所:沖縄県知念岬


 ハナショウブの撮影(2007年6月3日)
ハナショウブ 花を前にすると「衝動撮り」しがちですが・・・・・(1)姿立ちのいい綺麗な花を見つけ、(2)花びらはしおれていないか、(3)背景は花がひきたつような背景かどうか、を確認してから撮影するよう心がけています(この写真は望遠レンズで撮影)。
撮影場所:大和市ふれあいの森


 天主堂の撮影(2007年5月30日)
田平天主堂、歴史の重みとレンガ造りの重みが感じられる天主堂でした。しかし、全体を撮影すると、寂しげな写真になってしまいました。そこで、塔の上にある十字架をあえてカットし、塔の部分を画面いっぱいに撮影してみました。
撮影場所:長崎県田平


 広角レンズで撮影(2007年5月26日)
緑のかけ橋 木製・斜張橋としては日本最長の「緑のかけ橋」、その橋の雄大さを広角レンズで撮影してみました。広角レンズで撮影すると、すぐ手前から写し込むことができ、かつ遠近感が強調されるので迫力のある写真にすることができました。
撮影場所:大和市泉の森


 レンズを換えて山野草を撮影(2007年3月28日~4月11日)
望遠レンズで撮影 ■望遠レンズで撮影
遠いところに咲いていましたが比較的大きな花だったので望遠レンズで撮影、被写界深度が浅いので背景がボケて自然のグラディエーションになりました。
撮影場所:大和市ふれあいの森
マクロレンズで撮影 ■マクロレンズで撮影
小さい花だったので近くに寄れるようマクロレンズで撮影、被写界深度が浅いので背景がボケて花を浮き上がらせることができました。
撮影場所:大和市泉の森
標準レンズで撮影 ■標準レンズで撮影
群生している雰囲気を醸し出すため標準レンズで撮影、背後に咲いている花がボケるよう絞りは開放ぎみにしました。
撮影場所:大和市ふれあいの森


 サクラの撮影(2007年3月29日)
シダラザクラ サクラの撮影、見た目は明るく見えますが、漫然と撮影すると思ったほど明るくは写りません。花が輝いて見える角度から撮影するとか、花が輝いて見える時刻に撮影するとか、ちょっとした工夫が必要です。
撮影場所:大和市深見


 逆光ぎみで富士山を撮影(2007年2月4日)
たまたま逆光気味の撮影になりましたが、湖面の反射が美しく、山肌や湖畔の風景が引き締まった写真になりました。富士山の裾野の広がりはどこから見ても美しいものですが、ここからの富士がもっとも均整がとれていると思われます。
撮影場所:山梨県河口湖
山頂の部分を望遠で撮影、PLフィルターを使って山肌の雪が反射する状態で撮影したら・・・・・山肌の陰影が強調され富士山の厳しさを撮影することができました。

撮影場所:山梨県河口湖


 やわらかい光で撮影(2007年1月31日)
梅の開花 梅の開花、背景は青空がほしいところですが、直射日光のもとでは陰影が強く煩わしい写真になってしまいます。この日は、たまたま日陰になる枝があったので、花の部分だけはやわらかい光で撮影することができました。望遠レンズ使用。
撮影場所:大和市郷土民家園


 姿立ちのいい花を探して撮影(2007年1月24日)
スイセン 花の撮影、すぐシャッターを切りたくなりますが・・・、姿立ちのいい花を探し構図を考えてから撮影することが大切です。望遠レンズを使用、露出は背景が暗いのでマイナス補正しました(補正しないと全体が白っぽく写ってしまいます)。
撮影場所:大和市泉の森




▲ページのトップへ