デジカメ日記 カウンター
ホーム > デジカメ日記(2018年) 前の年|次の年
日ごろ接したことを、デジカメ写真で絵日記風に綴っておきたいと思います。デジカメ技術が高度に普及したことから、撮影データの記載は終了させていただきます。撮影のワンポイントはできるだけ記載するようにします。
他の年は

丸山千枚田(三重県) 2018年6月27日
以前「ここは見ておいた方がいいですよ」と聞いていましたので、紀伊山地へ出かけたついでに立ち寄ってみました。田植えが終わって緑になった1000枚以上の棚田が、熊野市から車で1時間ほどの山間にたたずんでいました。現在は保存会によって田植えや稲刈りが行われているそうです。
▲このページのトップへ

奄美大島(あまみおおしま)への撮影旅行 2018年5月17日
奄美大島~西表島は、ユネスコの諮問機関から自然保護が不十分との理由で「登録延期」が勧告され、世界自然遺産への登録は数年先になってしまいました。
今回の奄美大島は、山奥まで道路が造られるなど開発が進み、自然保護が確かに後手後手になっていました。しかし、守るべき自然はまだ残されているので、推薦地域の見直しなどで登録につなげてもらいたいと思います。→奄美大島~西表島の写真はこちらから
 
金作原原生林(きんさくばるげんせいりん)、ヒカゲヘゴ(木性シダ)の巨木や樹木に着生するオオタニワタリなどが目の前に広がる原生林で「亜熱帯の島」だと実感ができる風景でした。
日本で一番美しいといわれているアマミイシカワガエル、木の洞から顔だけ出していたので勇気を出してパチリ。奄美大島ではハブやカエルなどの爬虫類や両生類の話しばかりでした(冷汗!)。
 
奄美大島北部にある土盛海岸(ともりかいがん)、海岸線はサンゴ礁に囲まれエメラルドグリーンが見事でした。海水浴で賑わうこの海岸でも5月から8月ごろにかけては絶滅が危惧されている野鳥たちが子育てをするそうです。
奄美空港からすぐの所にある田中一村美術館、50歳で移り住み奄美大島の自然を題材にした絵を描き続けた日本画家・田中一村(たなかいっそん)の作品の大半が展示されています。建物は穀物を貯蔵する高床になった倉をイメージした造りになっています。
▲このページのトップへ

西表島(いりおもてじま)への撮影旅行 2018年4月27日
羽田から2000kmもある石垣島へ、そして船で50分。世界自然遺産候補である西表島への撮影旅行に出かけてきました。日本最後の秘境といわれている地域なのでいろいろ心配していましたが、なんと年間40万人もの観光客で賑わっている島でした。 →西表島の写真はこちらから
 
西表島の代表的な景観の一つはマングローブ林。
写真は仲間川流域のマングローブ林、日本に植生するマングローブ林の25%に相当する約160ヘクタールあり、その面積は日本最大です。
西表島には40ほどの川が流れ、それぞれマングローブ林が広がっています。
写真はクーラー川の秘境をカヤック(初体験)でさかのぼった先にあるクーラーの滝、滝の上から差し込む光が印象的でした。
 
海辺もきれいでした。亜熱帯原生林に覆われた山々から流れでる川の水量は豊富、マングローブ林を流れ、養分を蓄えた水はサンゴ礁を育てています。
ただ中国や韓国からの漂流するゴミが多く、島民の皆さんは定期的に清掃をしているそうです。
▲このページのトップへ

新緑の大山で撮り鉄 2018年4月11日
新緑の大山へ出かけてきました。下社への登山道でケーブルカーに出会えたので、撮り鉄(とりてつ)に挑戦してみました。車両を撮るのではなく「鉄道のある風景」を撮るようにしました。
▲このページのトップへ

姫路城のさくら撮影 2018年4月2日
もう見ごろは終わったか? と思いつつ姫路城のさくらを撮影に出かけてきました。4月2日でしたが、なんと満開、どこからでも「姫路城のさくら」を撮影することができました。
実は京都のさくら撮影が本命でしたが、京都はすべて終わっていました。
この写真は、前の写真とほぼ同じ角度からの撮影ですが、さくらのボリュームをすこし減らした写真です。
 
この写真は、天主のまわりに桜を入れ、さくらを前ボケにして撮影してみました。
天主にピントを合わせ、絞りを開きながらボケの程度を変えてみました。この写真は絞り=5.6で撮影したもの。
▲このページのトップへ

さくらのある風景 2018年4月1日
 
さくらのシーズンになると「さくらの撮影は難しい!」と悩んでしまいます。今年はできるだけ「さくらのある風景」で撮ってみました。また露出は明るめに、コントラストは低めに仕上げてみました。
高座渋谷駅前広場のさくら、イコーザを背景に撮ってみました。さくらの脇に「重国さくら」という名札が立っていました。
高座渋谷の地名は、鎌倉時代に大和市などを治めていた武将・重国(しげくに)に由来しているそうです。
大和市役所もさくらの名所だったはずだと出かけて撮影してきました。 さくらの木は少なくなっていましたが、市役所への正門は「市役所正門 ・さくら門」となって、きれいに整備されていました。
 
千本桜のさくら、引地川の両岸に覆いかぶさるように咲いているさくらの名所なので、引地川を入れ賑わいも含めて撮影してみました。ここのさくらの花はボリュウームがありました。
厚木基地の東側に広がる「冒険の森」への入口から撮影してみました。ここからは「冒険の森」を経由して引地台公園のさくらを楽しむことができます。
 
泉の森のさくら、「しらかしの池」が泉の森のシンボル的な存在なので、池を入れて撮影してみました。写り込みも撮れました。
▲このページのトップへ

野鳥撮影講座に参加 2018年2月21日
オリンパス主催の野鳥撮影講座に参加、「シャッターボタンを押す前から撮影が開始される」というプロキャプチャー機能を体験してきました。たしかに、鳥が飛び立ってからシャッターボタンを押しても飛び立つ瞬間が撮影されていました。
ちなみに、この鳥はアフリカに分布するインカアジサシです(上野動物園で撮影)。
▲このページのトップへ

消防出初式 2018年1月7日
新年恒例の大和市消防出初式。
今年は、虹が見れる角度で撮影してみましたが、消防士の姿が左右に分散してその迫力を撮ることはできませんでした。一昨年の撮影はこちら
▲このページのトップへ



Copyright(C) 2001 heiwa-ga-ichiban All Rights Reserved