該当する登録基準

  1. 建築、科学技術、記念碑、都市計画、景観設計の発展に重要な影響を与えた、ある期間にわたる価値観の交流又はある文化圏内での価値観の交流を示すものである。
  2. 現存するか消滅しているかにかかわらず、ある文化的伝統又は文明の存在を伝承する物証として無二の存在(少なくとも稀有な存在)である。
  3. あるひとつの文化(または複数の文化)を特徴づけるような伝統的居住形態若しくは陸上・海上の土地利用形態を代表する顕著な見本である。又は、人類と環境とのふれあいを代表する顕著な見本である(特に不可逆的な変化によりその存在が危ぶまれているもの)。

関連資料

世界遺産一覧表記載推薦提案書(文化庁)

関連サイト

文化遺産オンライン(文化庁)

石見銀山世界遺産センター公式ホームページ

大田市観光サイト(大田市観光協会)

石見銀山資料館

石見銀山ガイドの会

関連書籍

Amazon(通販サイト)

アクセス

JR山陰本線・大田市駅~(バス)~大森代官所跡~世界遺産センター(石見銀山バスマップ12月~2月)

JR広島駅~(バス)~世界遺産センター~大森代官所跡(石見銀山バスマップ12月~2月)

メニュー

▲pagetop