該当する登録基準

  1. 建築、科学技術、記念碑、都市計画、景観設計の発展に重要な影響を与えた、ある期間にわたる価値観の交流又はある文化圏内での価値観の交流を示すものである。
  2. 現存するか消滅しているかにかかわらず、ある文化的伝統又は文明の存在を伝承する物証として無二の存在(少なくとも稀有な存在)である。
  3. 歴史上の重要な段階を物語る建築物、その集合体、科学技術の集合体、あるいは景観を代表する顕著な見本である。

関連資料

百舌鳥・古市古墳群(暫定リスト提案書)

関連サイト

文化遺産オンライン(文化庁)

百舌鳥・古市古墳群を世界文化遺産に(堺市)

関連書籍

Amazon(通販サイト)

アクセス

JR大阪環状線・天王寺駅~JR阪和線・百舌鳥駅~百舌鳥古墳群へ

JR大阪環状線・天王寺駅~近鉄・大阪阿部野橋駅~古市駅~古市古墳群へ

暫定リストメニュー

▲pagetop