ホーム大和市の四季大和市の四季(2013年)>シモバシラの霜柱/郷土民家園

シモバシラの霜柱/郷土民家園

前ページ 大和市の四季(2013年) 次ページ

冷え込みがことのほか厳しい日が続いていますが、郷土民家園ではシモバシラの枯れた茎から浸みだした水分が霜柱のように氷る様子を見ることができました。(2013年1月5日撮影)

シモバシラ
シソ科の植物で、9〜10月ごろ白色の花を咲かせ、冬には枯れた茎から浸みだした水分が霜柱のようになる。

道順/相鉄線・相模大塚駅下車(約15分)/小田急線・相鉄線・大和駅下車(約20分)/地図を見る