第48号 東照宮陽明門 組物をつくる(1)

今回も「東照宮陽明門」と「白川郷」を 同時進行で作成。
東照宮陽明門は「組物をつくる(1)」、 白川郷は「壁・庇・土台・屋根をつくる」として、それぞれピースが送られてきた。

東照宮陽明門
東照宮陽明門は132ピース。今回は屋根をささえる「組物」をつくった。まだその一部だが、赤丸印のところの6か所をつくった。
白川郷
白川郷は171ピース。 前回つくったものに、壁・庇・土台・屋根を組み上げていった。合掌造り家屋の構造が見えてきた。手前の茶色のものは屋根の一部、これを組み付けると大きな屋根になると思われる。

次回は、東照宮陽明門は「組物をつくる(2) 」、白川郷は「土台と屋根と樹木をつくる(1)」との予告あり。合掌造り家屋のまわりに緑の樹木が植えられるようだ。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ 
世界遺産ブログランキングに参加しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です